FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
FF11中心にネトゲなど嗜んでおります。週刊どころか月刊でさえも危なくなりつつw('ω`)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


14日昼過ぎ頃から用事の合間にPC版のバージョンアップを何度となく
試みましたが、いきなりエラー。
やっと繋がってもチェックが終わるタイミングでまたエラー、そして
最初からやり直しを幾度となく繰り返し、ようやく3時頃にバージョン
アップ終了。
PS2版は夜22時過ぎからやりはじめたせいか、ちっともダウンロードが
進まないので、2時間近くかかっちゃいましたょ。(ノ∀`)
それだけ大きな行事でもある、今回のバージョンアップ。
今回はPC版だけをamazonに頼んでるので、発売当日からプロマシアに
行くのは諦めてはいるんですが、やはり気になるプロマシア情報。
2chやしたらばなどチェックしながら期待に胸をわくわくさせております。

20050131133218.jpgとりあえず仕入れた情報で合成をしてみようと思った
矢先、裁縫目録なフレP嬢が登場。
限界手伝いで緊急メンテまで時間もなかったので、
レシピ吹き込んで作ってもらいました。(ノ∀`)
ありがと~。>ぷ○(*´∀`)

お手伝いから戻ってポストからうけとって着てみると・・・、
可愛いじゃないすか(*´∀`)。この裾や腕のレースなんてかなり。
Lv30の装備にしてはちょっと高級感も漂ってます。
かなり気に入ってしまいました。(*´д`)

競売では3万Gの値段がついてます。原価そんなにしないんですがね。

今日ポストをみたら、ノクト装備も届いてました。(*´∀`)
これは狩シ用の30装備ですが。雰囲気はシア装備に似てますが、
袖が短くてアース系のタブレットを少し豪華にした感じです。
シーフさんには、胴装備は傭兵のほうがいいかもしれないけど、
狩30の私には飛命もついて、ぴったり~♪
あと、一応鍛冶職人な私は、鍛冶スキルを使う装備も作ってみました。
光曜日のせいか胴と頭がHQになって喜んでたら、素材のアイアン板を
仕入れるための背甲分解が10連続ぱり~ん_| ̄|○。何故だ!(´Д⊂
とりあえずフルセット作成してSSだけとってみました。
ミスラのアイゼン装備のSSは可愛かったんですが、
ヒュム♀可愛くねー。(´Д⊂
なので、あとは売りさばくのみ!ヽ(`д´)ノ

スポンサーサイト

60BC?ベリ【特命介錯人】行って来ました。
最終的な構成は、ナ戦赤黒黒詩(+扉開け係のP嬢w)。LSメンバーです。
オーブと薬品(毒薬&ドリンクなど)持参で21時過ぎにジュノ出発。
ウガレピ通過して怨念洞ついた時点で、ランタンを忘れたことに気づく私。
慌ててジュノにD2してもらい、その後エスケプした仲間と合流して再び怨念洞に到着。
しかし、今度はランタン持ってる者で炎を灯けに行ってみるも、来たのは3人。
ごめんょぉ。私の説明不足でした。○| ̄|_
そしてまた一人、ジュノに戻ってランタン取りに行ってもらい、結局目的地の生贄の間に到着したのは23時頃でした。('A`)

何度か来たこともあるのでなめてましたね。ランタン忘れて2時間もかかっちゃうとは。(ノ∀`)
とはいえ?ベリ60BCは初めてのメンバーだったので、軽く戦闘方法など説明した後、まずあたしのオーブで突撃することに。

順番は 黒S→シVi→召Ve→忍C
Sable-tounged Gonberry 黒
Virid-faced Shanberry シ
Veremillion-eared noberry 召
Cyaneous-toed Yallberry 忍

ララバイはききにくいということなので、黒さんにスリプガ赤さんにサイレスしてもらい、黒?ベリからヌッ殺していきました。
前衛2人でアビ不使用なので瞬殺は無理でしたが、難なく撃破。
続いてシフ?ベリも回避が高いだけで特に問題なく、絶対回避が来たくらいから黒さんの削りも加勢し撃破。
召?ベリ前にMP回復の休憩をとって攻撃再開。
フロウはカロル&バ系でダメージも少なく無事撃破。
エレは寝かせたままで忍?ベリに備えてここでも休憩。
で、最後の忍?ベリは、TP(←たまってなかったかもw)とMP全開フルパワーでボコボコに叩きまくり、アビの微塵もそれほどの被害も少なく無事4匹殲滅。

出たお宝は、
ウィンド、インフィブルトルク、獣人白金貨、アクアマリン、ジルコンでした。
まあ、満足(*´∀`)。
(一応箱開け時に、他の4種トルク持参でPT抜けして、絞り込みしました。)

続く2戦も同じ様な感じで無事撃破。2,3回目はイレースもでました。
初戦なので安全を取って一戦20分くらいはかけましたが、黒さんのスリプガで?ベリがよく眠むってくれてました。
それにナさんが急所突きをしっかり避けてくれてあまり?ベリが動きまくらなかったのも良かったです。
結果的に黒2が良かったのかも。かなり楽めでした。

ただ移動が少しめんどくさかった。
扉開け係に自称美人家庭教師な(?)白25に来てもらったんですが、箱開ける前に誰か入り口に出れば扉開け問題は回避できた模様w。
なので途中から、寺院移動中絡まれないメンバーのみ出て戻るようにしました。(扉開け係は、ぷよ2フィーバーに夢中で扉あけてくれなくかったし。('A`))
あと、出現エレと同じフロウが来るという噂がありましたが、3回ともダイタルウェイブでした。(ちなみに、出現エレは水、光、火でした。)

この後、翌日6時起きの黒さん一人抜けた5人で詩さんのジラMの?ベリBCもやりましたがBCに比べると気が抜けるほど楽でした。
相手3匹だし、制限なしで行けるので70~が3人もいたせいですが、5分でクリア。
昔65で行ったときは、結構大変だったのになとあの頃を懐かしんでみたりw。

しかし日曜日なのにBC混むかなと思ってたらほとんど他の人見かけず。
みんなプロマシア用に印章ためこんで使わないんだろうか。


『プロマシアの呪縛』で追加される新エリアに関する情報で、公式やゲーム情報サイトから頂いてきたものをまとめてみました。
新しいエリア、めちゃくちゃ楽しみです。(*´∀`)

■タブナジア群島
・ルフェーゼ野【Lufaise Meadows】
BGMの曲調がのどかな、ラテーヌ高原に近い景観で、一部では巨大な崖も見受けられる
オープニングムービーで見られた旧タブナジア候国の遺跡ある
大羊族や巨人族に加え、恐竜のような生物が生息
レベル30前後のパーティで進めるエリア
Lv75のPCでさえ苦戦するので高レベルプレイヤー向けのエリア
アクティブな大羊や大鳥が多数闊歩
レベル60の戦士の被ダメが時として380を超えた
(他に、フォミュナ水道、リヴェーヌ岩塊群サイトA01 等)

■ムバルポロス
・ムバルポロス旧市街【Oldton Movalpolos】
ゴブリンの一氏族である"モブリン"が築き上げた地下都市
北グスタベルグのどこからか侵入できる可能性が高い
薄暗いダンジョンで、板による足場が張り巡らされた階層構造
「Mining Point」も数カ所確認
様々なジョブのモブリンと、バグベアが中心 アクティブ
ゴブリンと違い爆弾ではなく火炎放射器を使ってくる
第1階層の敵の強さはパルブロ鉱山とほぼ同じぐらいのレベル帯
隣接して「ムバルボロス新市街」がある

■その他
天晶堂管轄のソ・ジャという地下遺跡エリアがある模様

■既存エリア
・ウルガラン山脈 【Uleguerand Range】
ザルカバードからアクセス可能、「千人落しの崖(Thousandfall Ridge)」がある
いくつかの段差によって区切られた高度のある雪原地帯で、ボスディン氷河に近い景観
Tiger系、白いウサギ、氷属性のボム、バッファロー、獣人はオークが出現
これらの強さはレベル60から「楽」以上で、難易度としてはザルカバードと同程度
滑っている最中は左右のみ移動を行なえ、傾斜の途中にある横穴への待避も可能
横穴からは細長い通路が迷路のように幾本も伸びていた

・ビビキー湾【Bibiki Bay】
コルシュシュに属するミンダルシア大陸南東の海岸。時間で変化する景観が秀逸
コリガン、オポオポ、「Uragnites」というヤドカリのような大きな軟体動物
NPCに500ギルを支払い「潮干狩りセット」を借り砂浜に点在する「Clamming Point」を掘る
それを別のアイテムと交換してくれるシステム
採取した貝の量によって、交換してくれるアイテムのグレードが変わる
Manaclipperというボートに乗れる場所もある

・ギルド桟橋【Carpenter's Landing】
・ファノエ運河【Phanauet Channel】
ジャグナーの雰囲気と難易度もに近いエリア。モンスターもオーク族が中心
大きないかだのような船。植物型のハエとり草(Flytraps)も出現するが、アクティブ系ではない
ボートでのchannelの移動は30分かかる
ギルド桟橋の「主水路:北桟橋」地点は下船するやいなやモンスターに襲われる可能性がある

・アットワ地溝【Attohwa Chasm】
アラゴーニュ地方、メリファト山地に隣接するエリア
どころから有毒ガスを噴出して通れない箇所がある
「アントリオン(Antlion)」Antlion同士はリンク
ハンターは地上を徘徊している、ピット(pits)は地下から冒険者が上を通るのを待ち構えている。
夜になると出現する「コース(Corse)」は他のアンデットを操作して応援を呼ぶ事が可能で、魔法も使ってくる

■プロミヴォン-ホラ・デム
通常のフィールドエリアと同様の広さを持ち、なおかつレベルが30に制限される
「虚ろ」に関係するエリアらしい
「Memories(記憶)」という小さな物体が浮遊しており、それを沢山の敵が守っている。
「Memories」のうちの1つを破壊するとそしてテレポーターが動くが、入ることは出来なかった。
エリア内は物理法則を完全に無視した地形構造になっており、所々にワープポイントらしきものも存在
中レベルのキャラクタから見て、「ちょうど」以上「とてつよ」未満
「ウィーパー」「ワンダラー」「スリーパー(sleeper)」「ティンカー(thinker)」など
どのタイプも内部のコアは8種類の属性の色を持ち、その属性に見合った特別攻撃をしてくる


参照URL:
http://www.playonline.com/ff11/promathia/
http://www.quiter.jp/news/ff11/040905002099.html
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040910/ff11cop.htm


FF休養を決めてヴァナを離れてしばらくは、忙しさと他にフクザツな感情が
混じり合ってそれほど帰りたいとも思わなかったんですが、プロマシアの
発売日が近づくにつれ禁断症状が…。(´Д⊂

多少リアルの事情も落ち着いてきたこともあって、遂にキャラ復帰(´∀`;。
しばらくは以前みたいに時間は割けないんですが、プロマシアに向けて
とりあえず金策をせねばと悩んだ末、時間少な目で多少は稼げそうなのは
これだ!ってことで、いきなりBCNM連戦を企んでみました。
標的は、?ベリ60BCッス。(`・ω・´) しかも初体験。
決行は、12日の日曜日の夜。構成は、ナ侍戦赤黒詩。3連戦。

いけるのか?!まあ、行ければいいなあ~って感じです。(*´∀`)


引っ越し前は、専用線つきのマンションということで「すげー」とか思ってた我が家のネット環境ですが蓋を開けてみれば、マジ最悪ですた。('A`)
共用機器のルータは管理人室に置いてあり、触れません。
しかもうちのマンションは夜&週末は管理人はいない。
しかもしかも、LAN管理とメンテの会社も夜&週末連絡つかず。
こないだの金曜の夜6時にもひっそりと管理人室の片隅でモデムさんがエラーで落ちたらしく、月曜の朝までネット不可。ほんとマジで困りました。
こんなことじゃ土日にFFできねーじゃん。(# ゚Д゚) (現在FFお休み中で、ホントよかった(;つД`)

ゲームできないのはさておき、普段ふと思いついたことをネットで確認したり調べたりなど、情報を得る手段としてのネット接続が体に身に付いてしまってるので、机の引き出しや本棚にに鍵かけられてるみたいにかなり不便で、自分のネット依存度の高さを改めて痛感した週末でした。
ネットで遊べないので暇つぶしにちょっと遊んでみた「逆転裁判」で行き詰まってもネットで攻略ページを参照出来なかったのも結構辛かったッス。(ノ∀`)

こういう自分は、やっぱり別の接続手段を1つ確保しておくべきなのでしょね。
ADSLで安くて速そうなの捜がしてみるかな。( ´∀`)




合唱部活動番外編1:いちゃいちゃだめぽ ←悶絶合唱部員。活動は不定期。部室は監獄の一室。w


ところで、登録したはいいがずっと放置してたうちのブログですが、ぼちぼち再開しようかなと思ってます。
でも、Blogの存在自体に対して納得行かないものがあって、ノりきれない自分がいます。(´・ω・`)

その理由の一つは、↓これ。
最近調べたいことがあってググると必ずどこかのBlogにつきあたる。
というか、その手のサイトばっかりひっかかる。
で、肝心の情報がそこにあるかというと大抵は、ない。
あってもまた情報の薄いBlogへのリンクがあるだけ・・。
無責任に単語ばっか並べてんじゃねーよ。日記風情が。ヽ(`д´)ノ
(うちもでしたね。(ノ∀`) 仕方ないんだよね、こればっかは。)
おながいします。Googleさん。 Blog拾ってこないで(´Д⊂。

でも、日記っていうのは、趣味や関心事を同じくする者を集めるには
格好の餌なんですよね。言い方悪いけど。
それを誰でも簡単に目的地に辿りやすくしたのがいわゆるBlogであって、
自動撒き餌機みたいなものと思ってます。
ただこういうのが蔓延すると、餌多すぎて海自体の透明度も落ちて、
本当にほしいものへたどり着きにくくさせてるような気もします。
そうなると、ますます情報に対しての審美眼が要求されるんですが
たいていの人は、そんなことおかまいなく、自分の気分や価値観で
情報そのものを判断してるっぽいんですが。w

そのへんは、ぼちぼち模索していこうと思ってます。適当に。w
( ゚Д゚)y─┛~~



| HOME |

Design by mi104c. 改byぽ.
Copyright © 2004 ■ 週 刊 悶 絶 生 活 ■, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。